私の姿勢

県政再起動で「茨城わくわく宣言」~人口減少が進むこれからの10年で茨城の未来が決まる~

基本理念は、活力があり、県民が日本一幸せな県へ4つの「新しい茨城」を創ります。

  • 新しい豊かさ

    • 地元の企業や研究機関、農家などと共存共栄できる新しい産業集積作りを目指す(商品、健康・医療、IT、ロボット、航空・宇宙など)。
    • 新茨城マルシェ計画(茨城の食材を使用した高級レストランの海外展開で、茨城の農作物等を高級食材として海外に直接発信するなど、茨城県の農作物のブランド化を推進)。
    • サテライトオフィスなど、ITを活用したテレワーキングを推進し、東京の本社機能の一部を茨城県に誘致。
    • 茨城県の自然環境の保護と再生(霞ヶ浦、牛久沼、涸沼等の水質浄化、不法投棄の撲滅、防砂・防風松林100万本育成、森林の保全整備)

    更に詳しく

  • 新しい安心・安全

    • 医師不足非常事態宣言(深刻な医師不足や看護師の不足を抜本的に解消するため、関係各方面の協力を得て、あらゆる手段を講じる)。
    • 健康長寿日本一宣言(高齢者の健康な生活を維持するための様々な施策を講じ、健康寿命の日本一を実現する)。
    • 介護・健康ビジネス特区構想(特区制度を活用し、介護や健康にかかわる事業の環境整備を図る)。
    • 茨城助け合いコミュニティ運動の推進(ITも活用した新しいコミュニティ運動で地域の力を高め、防災、防犯、保育、交通弱者対策などに対応)。
    • 特別支援学校の拡充やソーシャルファームを推進し、障がい者の学ぶ場所、働く場所の確保。
    • 県民本位の徹底した原子力安全対策
    • 「犬猫殺処分ゼロ」を目指します。

    更に詳しく

  • 新しい夢・希望

    • 茨城魅力度発信戦略(ネットメディアをフル活用した海外市場開拓を強化し、日本より先に海外で話題作りをするなど、新しい手法による発信力強化)。
    • 茨城発ベンチャー創造計画(大学発ベンチャー、研究所発ベンチャー推進機関の設置などで、日本一ベンチャー企業を起業しやすい県を目指す)。
    • 魅力度最下位を脱却するとともに、県民しあわせ度日本一の県を目指す。
    • 新茨城リゾート構想(農村民泊、里山・海浜リゾートなど新しい観光資源を創る)。
    • 茨城芸術村構想(古民家を活用した若手芸術家誘致)。
    • 県内インフラの整備による更なる利便性向上(東関東鹿島・神栖方面延伸、TX県内延伸、県北地域高規格道路、茨城縦貫幹線道路『つくば-笠間-大子』、東京直結地下鉄8号線県内延伸、霞ヶ浦二橋など)。

    更に詳しく

  • 新しい人材育成

    • 女性活躍社会を強力に推進します。
    • 「日本一子どもを産み育てやすい県」の実現:保育園・幼稚園・こども園や「保育ママ」の充実で待機児童ゼロに。
    • 小中高校教育にネットを活用した、英会話やプログラミングの授業を取り入れ、グローバル社会で通用する茨城県の人材育成を進める~茨城県からビル・ゲイツを~。
    • 就学前教育の推進
    • 国内外からの高等教育機関誘致
    • 子育て世代の医療費や教育費などの負担軽減に全力で取り組みます。
    • いじめ防止対策の推進

    更に詳しく